えっ?! こんなんあったん!

人生半世紀を生きてきたおばやん視点で、いいと思ったものお得感あるものを紹介していきます。

健康茶・薬草茶・ハーブティー

今日見つけたのは、コトハスティー。
何?

わかりませんよね。この名前だけ聞いても。唯一想像できるのはティーでお茶。

コトハスティーは「便秘に効く!腸内デトックスができる」のです。

味はアールグレー風味、成分はカッシア・アラタ(ゴールデンキャンドル)、ベルガモット紅茶、
ケニア紅茶、スリランカ緑茶、ギムネマ、ハニーブッシュ、サラシ アオブロンガ、タベブイヤ、桑の葉の9種類。

ゴールデンキャンドルは、熱帯アジア、熱帯アメリカなどの熱帯地区に自生するマメ科の植物で、インドネシア、マレーシアでは、1300年程前から民間薬として伝承されています。葉や茎に、抗菌性の物質を含み、現地では日常的に便秘や湿疹の時に薬膳として食しています。また、駆虫薬や皮膚病の薬としても利用されています。
ミネラル、ビタミン豊富。食物繊維クリソフェノールを多く含み、これらの成分が便秘の解消、ダイエットに効果があるといわれています。
厚生労働省に、食品として許可を受けている成分なので、安全。
体内の毒物を排出し、美容、健康維持に利用されてきました。

コトハスティーに使用されているゴールデンキャンドルは最高級のもので、配合比率はベテラン茶師が協力、最高の配合比率のデトックスティー(便秘茶)になっています。

「ベルガモットの香り(アールグレイ風味)に包まれながらお通じもよくなる」
という不思議なティータイムをあなたもぜひ体験してください。

このアールグレー風味というのはベルガモットの風味なんだそうです。アールグレーティーは私的に好きなので時々飲みますが、ベルガモットで風味づけされているのは今日まで知りませんでした。

コトハスティーに関する見た限りのクチコミでは、翌日即効効果ありで、お試しされた方はみなさんスッキリと書いておられました。
ただ、自分にあった濃さが、最初はわかりずらいので、1日中トイレに行っていたと書いておられた方も。

便秘にも人によって2,3日に1度や、1週間も出ない人など様々。そういう人々のため用の情報冊子もついてお試し4包・500円、送料無料。

4包みと聞いて、少ない!と思われる方もおられるかもしれませんが、正規で購入すると1包あたり199円(60包5,980円)、お試しは1包125円なのでオトク!

1包でティーカップ2杯分は作れます。
飲まれた方には「美味しい!」と評判です。

人によっては月一デトックスにも利用されたり、食べ過ぎた後に飲まれたりと飲用方法もいろいろのようです。

かくいう私も、時々便秘で辛い思いをします。空気の穴が塞がれる如く、出ないのは苦しいですもんね。
この機会にもしもの時用に購入しようかなと考えています(^^)








中華街に行くと、野草茶のお土産が定番になっているとか。
神戸の中華街には10年以上前には何度か行ったことがあるけれど、食い気専門で、その頃にはあまり野草茶には興味がなかった。
その後伊賀に引っ越して(今高島市)、自分でも野草を採取して乾燥させてお茶を作るようになってから、いろんなお茶に興味がわくようになった。

漢方薬でもそうだが、体調によって美味しいと感じるものが、その時々の自分にあっているもののようだ。

さて、そんな自分にあった野草茶を見つけられるかもしれないこのお試し。ありそうでない野草茶を試せるよい機会なのでご紹介させていただきます。

中国茶・野草茶・健康茶の茶タイカんのネットショップで、野草茶8種類お試しというのを見つけました。価格は980円で各2パック合計16パック。1パックで約1リットルが煮出せます。急須でもOKです。ただ送料が別途かかるので、超おトクということにはなりませんが、8種類の味を自宅でゆっくりとお試しがてきるというのが魅力です。



お試しできる野草茶は一般的に飲みやすく、人気のあるゴーヤ茶,クミクスクチン,グァバ,甜茶,バナバ,ルイボス,ギムネマ,杜仲茶の8種類です。
野草茶により美容・美肌、デトックス、ダイエット、花粉症などに効果が期待できます。





今日ご紹介するのは、「夢まくら」。
名前だけを見たり、聞いたりしたら、絶対「枕」だと思いませんか?

これお茶の名前なんです。
なんちゅうネーミングやと思いました。

調べましたら、「夢まくら」は、秋田で自営業を営んでいた熊谷博さんという方が、脳出血で倒れた2001年、夢か現実なのか分からなくなるような朦朧とする中で、この夢まくらのヒントを教えられたことから始まったそうです。
熊谷さんによると、意識がなくなってしばらくして、突然雷のように「昔から伝わる自然の薬草を飲めば必ず復活する!」と、体を駆け巡ったといいます。
全身は動かせず、口さえ開ける事もままらなない状態からのリハビリを始めなければなりませんでした。そのような中でも、夢か現実か分からない中聞こえた「あの声」だけは、しっかりと記憶にとどまっており、いつか口が開けるようになったら、「あの薬草茶を実現したい!」とずっと思っていたそうです。
その後、奥様の協力のもと、いろいろとお茶製造会社にコンタクトをとり、2002年に夢まくらの原型が始めて製造されたそうです。

そういうことからお茶やのに「夢まくら」という名前がついたそうです。すごい名前のお茶ですね。

このお茶には十種のハーブ=薬草=がブレンドされています。
ドクダミ、杜仲葉、はと麦、ハブ茶、熊笹、はま茶、クコ葉、キダチアロエ、甘草、柿葉。
なんか漢方茶みたいですね。

私的には、ドクダミのイメージは「変な味」「美味しくない」なのですが、この「夢まくら」は、ドクダミのイメージを払拭、美味しくて、飲んでいるうちに健康になる というのがリピーターさんの声です。

日本発の夢まくらはアメリカで大人気となり、日本に逆輸入とか。
日本発やのに、先にアメリカで人気が出て、外国のお姉さんが「体から心までリフレッシュできる」「頭痛が治った」とか感想を書いてはりました。

国内でも2011年にリピーターさんが71.5%になったそうです。
美味しく飲んでいるうちに「おなかポッコリが・・・スッキリ」になった方続出とか。
アラフィフのお腹ポッコリのワタクシ、飲んでみたい。

健康茶、薬草茶、ダイエット茶になる夢まくらは送料が全国一律300円いりますが、今なら普及用特用パックというのがお得だと思います。


↑このページのトップヘ