若い方はご存知かもしれませんが、マネキン買いなる言葉があることを初めて知りました。

センスがないと悩んでいる人が買うのに重宝されているそうです。

ネットショップのメンズファッションプラスがそれです。

このメンズファッションプラスが
20代の一般学生や社会人女性100人に
「男性に着て欲しい服ってなに?」と聞いてみられたそうです。

アンケートの答えは

「キレイめ・清潔感のあるカジュアルな服装」
「体にサイズが合っている服」
「変な組み合わせのコーディネートでないこと」
「奇抜に目立たない服装」

結論は
メンズファッションは
派手=モテ ではなく 無難=モテ の時代がきているってことですね。


対象年齢は10代後半から30代の男性。

メンズファッションプラスのマネキンが着ているコーデネイトは、すべて現役女子大生とプロコーディネーターが話し合って選んでおられるそう。
 
しかも、現役グラビアアイドルが+@のアドバイスしてるんですって。
女子が彼氏にきて欲しい服を選んでいるのですからこれでモテないはずがない!

店頭でマネキンがきている服全部と言って買うのは恥ずかしいかもしれませんが、ネットならできますし、万一サイズが合わない場合も交換できるそうです。